HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 疲労骨折

疲労骨折は使いすぎにより骨が骨折してしまうものです。
スポーツで良く見られる症状で、骨の同じ部分に長い間負担をかけたことが原因で、骨が疲労して骨折を起こします。
走ったり踏んだりする競技に多く、下肢に発生しやすくなっています。
頚椎、第二中足骨、第三中足骨などに見られます。
スポーツにより骨に負担がかかり、小さなヒビなど損傷を繰り返しているうちに、結果的に大きな損傷に結びついてしまいます。
過剰なトレーニングが主な原因ですから、適度に休みを入れるという事が必要になってきます。
特に小学生から高校生くらいの若い世代に多く発生し、間違った指導や個人による過度のトレーニングが問題となります。
初期の頃にはレントゲンでも確認できないような小さなヒビであることが多く、運動を行った時に痛みなどを感じられます。
骨折してしまえば折れた所が腫れて、運動すると特に痛みが強くなります。
治療は初期の頃であれば、3週間程の安静を行うだけで直すことができます。
しかし、症状が強くなってくれば、ギブスなどで固定をして治療しなければなりません
疲労骨折を予防するには、負担をかけるような環境が問題となっていますから、多くのスポーツを行ったり、練習の後に自己練習を行いすぎるのも危険です。
また、骨の強度にも問題がある場合もありますから、日頃から骨を強くする食べ物を多く摂る事です。
万が一痛みがある時には医療機関を受診し、特に問題が無い場合でも適度に休みを入れるという事も必要になってきます。
中には腰椎に疲労骨折がおこり、若い頃から慢性的な腰痛に悩まされる事もあり注意が必要です。

 

 スポンサードリンク

 

 骨・関節・筋肉の病気

骨の構造と働き/関節の構造と働き/筋肉の構造と働き
腰痛症慢性腰痛症  ぎっくり腰)  椎間板ヘルニア腰椎椎間板ヘルニア  頚椎椎間板ヘルニア)  脊椎分離症・脊椎すべり症  坐骨神経痛  肋間神経痛  脊柱側彎症  脊柱管狭窄症  五十肩(肩関節周囲炎)  頚肩腕症候群  頚椎後縦靭帯骨化症  胸郭出口症候群  斜頚  化膿性関節炎  結核性関節炎(関節結核)  化膿性骨髄炎  化膿性脊椎炎  変形性頚椎症(頚部脊椎症)  変形性腰椎症  変形性関節症変形性股関節症  変形性膝関節症  変形性肘関節症  変形性足関節症)  骨粗鬆症  くる病・骨軟化症  異所性骨化  骨形成不全症  大腿骨骨頭壊死  骨軟骨腫  内反足  偏平足  外反母趾  デュプイトラン拘縮  ペルテス病  キーンベック病  手根管症候群  足根管症候群  腱鞘炎  ゲングリオン(結節腫) 
骨・関節・筋肉のけが
骨折四肢の骨折  脊椎骨折・脊椎圧迫骨折  骨盤の骨折)  脱臼外傷性脱臼  先天性脱臼)  捻挫  挫傷(打撲傷)  挫創(すり傷・きり傷)  つき指  むち打ち損傷  筋肉の部分断裂(肉ばなれ)  アキレス腱断裂  抹消神経損傷  胸部外傷・損傷  腹部外傷・損傷  手足の切断 
スポーツによる障害
疲労骨折  野球肘(上腕骨内顆炎)  テニス肘(上腕骨外顆炎)  オスグッド・シュラッター病  膝半月板損傷  膝靭帯損傷 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク