HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 腰痛症

腰痛症は原因が分からない腰の痛みのことを言います。
椎間板ヘルニアなど問題となっている部分がはっきりしている腰痛はのぞきます。
腰痛が起こる原因は様々ですが、炎症や感染、内臓疾患、腫瘍、癌など病気が元になるものと、椎間板や靭帯、筋、筋膜、軟部組織、脊椎など骨に関連する箇所に障害が起こっている場合とに分かれ、後者の方を腰痛症と呼んでいます。
腰痛症が起こると、動作を行う時に痛みが生じやすく、若い人に多い病気で自然に治る事が多くなっています。
症状はそれ程強くなく、慢性的に症状が続くものと、急に腰の痛みが現れるぎっくり腰があります。
慢性のタイプでは仕事などで同じ姿勢を続ける事が多い人、無理な体勢で重いものを持つ事が多い人、肥満、重労働、過労などの原因があります。
慢性的に症状があれば、腰に負担をかけないように工夫をして、腰を温めると痛みが和らぎます。
ぎっくり腰などの急性のタイプでは、姿勢が悪い時に無理な負担が腰にかかったためです。
激痛がはしり、酷い場合では歩いたりする事もできなくなります。
安静を心がけ、シップを張ったり、鎮痛剤などで痛みを和らげます。
急性の場合では炎症が強くなっていますから、患部を冷やす事が大切で、症状が落ち着いてくれば慢性腰痛のような治療方法を行います。
仕事がら腰に負担がかかりやすい人は、腰に負担がかかりにくい体勢を取る事で予防することが出来ます。
例えば腰を曲げるような体勢で重いものを持ち上げるより、いったんしゃがんだり膝を曲げることによって腰への負担は軽減します。

 

 スポンサードリンク

 

 骨・関節・筋肉の病気

骨の構造と働き/関節の構造と働き/筋肉の構造と働き
腰痛症慢性腰痛症  ぎっくり腰)  椎間板ヘルニア腰椎椎間板ヘルニア  頚椎椎間板ヘルニア)  脊椎分離症・脊椎すべり症  坐骨神経痛  肋間神経痛  脊柱側彎症  脊柱管狭窄症  五十肩(肩関節周囲炎)  頚肩腕症候群  頚椎後縦靭帯骨化症  胸郭出口症候群  斜頚  化膿性関節炎  結核性関節炎(関節結核)  化膿性骨髄炎  化膿性脊椎炎  変形性頚椎症(頚部脊椎症)  変形性腰椎症  変形性関節症変形性股関節症  変形性膝関節症  変形性肘関節症  変形性足関節症)  骨粗鬆症  くる病・骨軟化症  異所性骨化  骨形成不全症  大腿骨骨頭壊死  骨軟骨腫  内反足  偏平足  外反母趾  デュプイトラン拘縮  ペルテス病  キーンベック病  手根管症候群  足根管症候群  腱鞘炎  ゲングリオン(結節腫) 
骨・関節・筋肉のけが
骨折四肢の骨折  脊椎骨折・脊椎圧迫骨折  骨盤の骨折)  脱臼外傷性脱臼  先天性脱臼)  捻挫  挫傷(打撲傷)  挫創(すり傷・きり傷)  つき指  むち打ち損傷  筋肉の部分断裂(肉ばなれ)  アキレス腱断裂  抹消神経損傷  胸部外傷・損傷  腹部外傷・損傷  手足の切断 
スポーツによる障害
疲労骨折  野球肘(上腕骨内顆炎)  テニス肘(上腕骨外顆炎)  オスグッド・シュラッター病  膝半月板損傷  膝靭帯損傷 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク