HOME > 呼吸器の病気 > 気管支喘息
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 気管支喘息

気管支喘息は気管支に刺激がおこると、気管支粘膜が腫れ気道が狭くなってぜんめいや呼吸困難を起こす病気です。
気管支喘息の発作の原因は人によって異なり、アレルギー性の場合やウイルスの感染によるものもあります。
発作のきっかけは一般的にアレルゲンとされている、ハウスダストや食物アレルギー、気温の変化、ストレスなどによっても起こります。
アレルギー症状により起こる場合は、アレルゲンを特定し周りから取り除く事で症状は改善します。
その外、かぜの影響がある場合では、かぜの症状を取り除く事も必要となってきます。
発作は夜中に起こることが多く、自律神経の働きと関係があると言われています。
気管支喘息の人は常に気管支に炎症がある状態ですが常に発作があるわけではなく、あるきっかけによって呼吸困難が起こります。
発作が強くなると横になれないほどの呼吸困難になる事もあります。
発作が起こってしまったら炎症を取り除くと共に、狭くなった気管支を拡張する治療方法が行われます。
普段は発作を抑える予防を行い、発作が起こったら気管支拡張剤を利用し、気管支の炎症を沈め気道の酸素の通りを良くします。
アレルギー性が強い場合には、ステロイド薬を使ったり、抗アレルギー薬を利用する事もあります。
原因が特定している時にはその物質を避けると共に、少しずつアレルゲンを注射し慣らす方法も行われています。
しかし、多くの人は複数のアレルゲンに反応してしまうため、普段から炎症を起こさないようにステロイド吸入器で予防を行う事が必要とされています。

 

 スポンサードリンク

 

 呼吸器の病気

呼吸器の構造/呼吸器の働き/呼吸器系の感染防御のしくみ
かぜ症候群普通感冒  インフルエンザ)  気管支喘息  気管支炎急性気管支炎  慢性気管支炎)  気管支拡張症先天性気管支拡張症  特発性気管支拡張症  続発性気管支拡張症)  肺炎ウィルス性肺炎  マイコプラズマ肺炎  クラミジア肺炎  細菌性肺炎  嚥下性肺炎)  肺化膿症原発性肺化膿症  続発性肺化膿症)  間質性肺炎  膠原病性間質性肺炎  薬剤性肺炎  過敏性肺炎(外因性アレルギー性胞隔炎)農夫肺症  鳥飼病・愛鳥家病  空調病・加湿器病  夏型過敏性肺炎)  好酸球性肺炎(PIE症候群)  塵肺  サルコイドーシス  肺線維症  肺結核  非定型抗酸菌症  肺真菌症肺カンジダ症  肺クリプトコッカス症  肺アスペルギルス症  肺放線菌症  肺ノカルジア症)  肺寄生虫症肺アメーバ症  肺トキソプラズマ症  肺吸虫症(肺ジストマ症)  ニューモシスチス・カリニ肺炎  肺住血吸虫症  肺包虫症  肺ダニ症)  肺気腫  肺嚢胞  低換気症候群  過換気症候群  無気肺  呼吸不全慢性呼吸不全  急性呼吸不全)  成人型呼吸促迫症候群(ARDS)  睡眠時無呼吸症候群  肺血栓塞栓症・肺梗塞症  肺高血圧症  肺水腫・肺うっ血  気胸自然気胸  外傷気胸)  胸膜炎(肋膜炎)  膿胸  縦隔炎  縦隔気腫突発性縦隔気腫  症候性縦隔気腫  外傷性縦隔気腫)  縦隔腫瘍  横隔膜ヘルニア外傷性ヘルニア  非外傷性ヘルニア) 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク