HOME > 呼吸器の病気 > 呼吸器の構造/呼吸器の働き/呼吸器系の感染防御のしくみ
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 呼吸器の構造/呼吸器の働き/呼吸器系の感染防御のしくみ

普段私達が呼吸を行っている時に働いている器官が呼吸器ということになります。
鼻から空気を吸い込み、肺までに酸素が届けられ、二酸化炭素を肺から排出して鼻から出す作用が呼吸です。
鼻から吸い込んだ空気は気道を通り肺に運ばれて行きます。また、肺を取り囲んでいる骨格を胸郭と呼びます。
肺は左右2つ存在していますが、右は上葉・中葉・下葉と3つに分かれるのに対し、左側は上葉・下葉の2種類の器官のみになります。
肺の中は更に細かく分類され、枝分かれした気管支、その先にある肺胞、肺胞を細かく取り囲む血管で構成されています。
肺に運ばれた酸素は動脈を通って肺の隅々まで運ばれ、二酸化炭素を静脈から気道を通って外界に排出しています。
人が酸素を取り込むのはエネルギーを作り出すために、酸素と結びついたヘモグロビンを必要としているからです。
ヘモグロビンは様々な細胞にてエネルギーへと作り変えられ、その結果二酸化炭素が発生し肺を通して排出される事になります。
鼻から入ってきた空気は気道を通りますが、この部分で外界の異物を排出する働きが行われ、空気中のウイルスなどの感染物から体を防御しています。
大きな異物は鼻毛などでも取り除かれ、その後器官や気管支の粘膜にて更に異物を取り除きます。
異物が多い場合には粘膜が増えて痰として排出されたり、咳やくしゃみとしても外界に出て行きます。
風邪をひいた時におこる症状は外界の異物を排出する大切な働きを行っているのです。

 

 スポンサードリンク

 

 呼吸器の病気

呼吸器の構造/呼吸器の働き/呼吸器系の感染防御のしくみ
かぜ症候群普通感冒  インフルエンザ)  気管支喘息  気管支炎急性気管支炎  慢性気管支炎)  気管支拡張症先天性気管支拡張症  特発性気管支拡張症  続発性気管支拡張症)  肺炎ウィルス性肺炎  マイコプラズマ肺炎  クラミジア肺炎  細菌性肺炎  嚥下性肺炎)  肺化膿症原発性肺化膿症  続発性肺化膿症)  間質性肺炎  膠原病性間質性肺炎  薬剤性肺炎  過敏性肺炎(外因性アレルギー性胞隔炎)農夫肺症  鳥飼病・愛鳥家病  空調病・加湿器病  夏型過敏性肺炎)  好酸球性肺炎(PIE症候群)  塵肺  サルコイドーシス  肺線維症  肺結核  非定型抗酸菌症  肺真菌症肺カンジダ症  肺クリプトコッカス症  肺アスペルギルス症  肺放線菌症  肺ノカルジア症)  肺寄生虫症肺アメーバ症  肺トキソプラズマ症  肺吸虫症(肺ジストマ症)  ニューモシスチス・カリニ肺炎  肺住血吸虫症  肺包虫症  肺ダニ症)  肺気腫  肺嚢胞  低換気症候群  過換気症候群  無気肺  呼吸不全慢性呼吸不全  急性呼吸不全)  成人型呼吸促迫症候群(ARDS)  睡眠時無呼吸症候群  肺血栓塞栓症・肺梗塞症  肺高血圧症  肺水腫・肺うっ血  気胸自然気胸  外傷気胸)  胸膜炎(肋膜炎)  膿胸  縦隔炎  縦隔気腫突発性縦隔気腫  症候性縦隔気腫  外傷性縦隔気腫)  縦隔腫瘍  横隔膜ヘルニア外傷性ヘルニア  非外傷性ヘルニア) 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク