HOME > > 膀胱癌
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 膀胱癌

膀胱癌は、膀胱にできる癌のことで、殆どが膀胱の内側の粘膜に発生します。
全体から見ると発生率の低い癌ですが、泌尿器科の中では膀胱癌が最も多くなっています。
40歳以降の男性に多く見られます。
膀胱癌の詳しい原因は良く分かっていませんが、喫煙や化学薬品が関連していると考えられています。
症状は初期に見られるものは血尿で、痛みなどのほかの症状が見られる事はありません。
また、血尿も自然と止まるため、癌が発見されるのが遅れてしまう事もあります。
膀胱癌は再発率の高い病気ですから、定期的な検査を受けるなど早期発見を心がけるようにします。
他の臓器に転移すれば、命の危険性が伴う事もあります。
癌が進行してくると、頻尿、排尿痛、残尿感、尿路感染などが現れてきます。
放置すれば水腎症を合併したり、他の臓器にも癌が転移してしまいます。
膀胱癌の治療方法は性質や病状によって異なりますが、膀胱全部を摘出する場合や、内視鏡を使って病巣を取り除く方法が行われる事もあります。
内視鏡による治療では癌が小さい場合などに行われ、切除手術後に癌細胞を完全に取り除くため、抗がん剤による治療が兼用される事もあります。
膀胱を全て摘出した場合では、新しく尿路を作る必要があります。
他にも、放射線治療、抗がん剤による化学療法、温熱療法なども行います。
膀胱を温存させるためには、手術する前に抗がん剤や放射線治療によって癌を小さくし、その後切除手術や内視鏡手術を行う事もあります。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク