HOME > 子供・赤ちゃんの病気 > 未熟児網膜症
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 未熟児網膜症

未熟児網膜症は、未熟児に起こる目の病気のことです。
以前では乳児の失明の原因となっていましたが、未熟児の管理の際に酸素量の管理を行う事で現在は減少しています。
新生児の場合では、毛細血管が網膜にまで行き届き目に異常が見られませんが、未熟児の場合では網膜の発達が未完全で目の障害を引き起こしやすくなっています。
未熟児は十分な酸素量を確保する為に、保育器で育てられますが、その酸素の量が原因となる事があります。
現在の未熟児の場合では、酸素量を制限し、未熟児網膜症を予防すると共に、生後は定期定期に検査を行うようにしています。
網膜症を起こすと、毛細血管の末端が破壊され、出血や混濁が現れます。
悪化すると網膜剥離が現れ、視力の低下が見られてしまいます。
病気自体は減っている現状がありますが、未熟児の場合で医師の指示があれば、定期的に目の検査を行っておいた方が良いでしょう。
病変は早く進行しますから、適切な処置を行って起きましょう。
生後3〜6週頃に多く発生し、生後半年くらいまでは目の検査を行っておく必要があります。
未熟児のまま体外に出てしまえば、目の異常だけでなく身体の機能もまた完全では無いので、なるべく早産を予防することが重要です。
また、未熟児網膜症の適切な治療を行っても、近視や斜視などの視力障害を残してしまう場合もあります。
症状が現れた場合では、網膜症の進行を予防するために、レーザー治療を行います。
初期の場合では、成長と共に症状が自然と治っていく事もあるので、様子を見て特に治療を行わない事もあります。
重症化して網膜剥離が起こった場合では、視力障害を残す可能性があるため、早めに治療を受けるようにしましょう。

 

 スポンサードリンク

 

 子供・赤ちゃんの病気

子供によくみられる症状
発育が悪い  虚弱  元気がない  落ち着きがない  身体が軟らかい  太りすぎ  やせている  好き嫌いが激しい  おねしょ  指しゃぶり  夜泣き・夜驚症  微熱  寝汗  ひきつけ  かんしゃく    鼻血  胸痛  腹痛  下痢  便秘  嘔吐  首のぐりぐり  食欲不振  頭痛  顔色が悪い  脚が痛い  心雑音  不整脈  血圧の異常  背が伸びない  おむつかぶれ  学業不振  言葉の遅れ  発音の異常  不器用  O脚とX脚  かぜをひきやすい  青いあざと赤いあざ  たちくらみ  乗り物酔い 
子供によくみられる病気
結膜炎  角膜炎  眼瞼縁炎  睫毛内反(さかさまつげ)  斜視・弱視  屈折異常  未熟児網膜症  中耳炎  外耳道炎  外耳道異物  鼻炎  鼻腔異物  アレルギー性鼻炎  手足口病  むし歯  かぜ  扁桃炎  小児気管支ぜんそく  急性気管支炎  肺炎  気管支拡張症  急性胃腸炎  急性消化不良症  腸管アレルギー  鼠径ヘルニア  臍ヘルニア  ぶどう球菌感染症  溶連菌感染症  腎炎  尿路感染症  発育不全腎  アトピー性皮膚炎  あせも  とびひ  脂漏性湿疹  未熟児貧血  先天性再生不良性貧血  甲状腺機能低下症  風疹(三日はしか)  はしか(麻疹)  おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)  水疱瘡(水痘)  りんごほっぺ病(伝染性紅斑)  ウイルス性胃腸炎  しょう紅熱  リウマチ熱  ポリオ(急性灰白髄炎)  百日ぜき  破傷風  日本脳炎  寄生虫感染症 
子供の成人病
肥満  高脂血症  脂肪肝  成人型糖尿病  高血圧  動脈硬化  消化性潰瘍 
子供の難病
小児癌  白血病  脳腫瘍  神経芽細胞腫  悪性リンパ腫  ウイルス腫瘍  悪性奇形腫  横紋筋肉腫  その他の小児癌  脳性麻痺  川崎病  血友病  血友病関節症  先天性心疾患  先天性胆道疾患  先天性食道閉鎖症  モルキオ病 
子供のこころの病気
愛情断症(愛情剥奪症候群)  チック症  吃音(どもり)  自閉症  症状精神病  統合失調症  躁うつ病  不登校  家庭内暴力  精神遅滞 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク