HOME > 循環器の病気 > 肺動脈疾患 > 肺動脈閉鎖症
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 肺動脈閉鎖症

肺動脈閉鎖症は先天的な問題によって、弁の形成異常が生じ、肺動脈が完全に閉鎖してしまう病気です。
チアノーゼ性先天性心疾患に合併して起こる場合もあります。
生後まもなくチアノーゼを起こし、二酸化炭素の多い血液が溜まり、酸素が不足してしまう事になります。
血液の流れが完全に閉鎖してしまうため、生存することが不可能ですから、早期の内に手術が行われます。
レントゲンや心電図、心エコーなどで診断する事が可能です。
手術は閉塞部を切除する方法や、バルーン肺動脈弁形成術などが行われます。
単独で肺動脈を閉鎖している場合や、他の病気を合併している状態によって治療方法も異なってきます。
また、合併症を起こしている場合では、何度か手術を行い完治するケースもあります。
場合によっては運動制限が必要になることもあります。
先天性に心臓に異常がある病気はわりと多く、全体の1割にも達する病気です。
手術後の経過は良好で、合併症などを起こしていない限り、運動制限などを行う必要はありません。
この病気の診断が行われるのは、0歳児以下の乳児である事が多く、早期の内に症状が現れて発見される事になります。
多くは合併症を起こさず完治する事が可能で、重症化して死亡するケースは少なくなっています。
もちろん合併症を起こせば、重症化してしまう可能性はありますが、閉鎖部の治療を行えば通常の人と変わらない生活を送ることが出来ますので、早期に適切な治療を行いましょう。

 

 スポンサードリンク

 

 循環器の病気

毛細血管の構造と働き
リンパ管の構造と働き
高血圧本態性高血圧症  二次性高血圧症)  低血圧症本態性低血圧症  症候性低血圧症  起立性低血圧症)  大動脈瘤胸部大動脈瘤  腹部大動脈瘤)  解離性大動脈瘤  大動脈炎症症候群  大動脈縮窄症  急性動脈閉塞症  バージャー病  レイノー病・レイノー症候群レイノー病  レイノー症候群)  血栓性静脈炎  静脈瘤  急性リンパ節炎  慢性リンパ節炎


心臓・心筋
心臓の構造/血液循環と心臓の働き/心臓の拍動のリズム
冠状動脈の働き  狭心症  心筋梗塞  不整脈頻脈型  徐脈型)  アダムス・ストークス症候群  心不全  肺性心  心臓神経症  リウマチ熱  急性心膜炎  慢性収縮性心膜炎  感染性心膜炎  心筋炎  突発性心筋症  先天性心疾患  心房中隔欠損症  心室中隔欠損症  動脈管開存症  大動脈弁狭窄症  ファロー四徴症  大血管転位症  心臓弁膜症  僧帽弁膜症僧帽弁狭窄症  僧帽弁閉鎖不全症  僧帽弁逸脱症候群)  大動脈弁膜症  三尖弁膜症三尖弁閉鎖不全症  エプスタイン病)  肺動脈疾患肺動脈狭窄症  肺動脈閉鎖症)  肺動脈弁膜症肺動脈弁狭窄症  肺動脈弁閉鎖不全症)  心肥大  ぽっくり病 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク