HOME > 循環器の病気 > リンパ管の構造と働き
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 リンパ管の構造と働き

リンパ管は血管のように心臓からの圧力を受けませんが、血管のように全身を張り巡らせています。
構造はとても単純で、血管と同様色々な太さがあります。
全身の細胞からは組織液という液体があり、ガス交換と共に毛細血管に入り込むようになっています。
しかし、中には毛細血管に戻らない組織液もあり、それらはリンパ管へ運ばれていきます。
リンパ液は毛細血管に入らなかった組織液という事になります。
リンパ管は脇の下や組などにリンパ節と呼ばれる入り口の門のような場所があり、リンパ液に混じったウイルスなど体に害のあるものはこの部分で除かれます。
リンパ液の流れは毛細血管から染み出た組織液を受け取り、静脈へと運ぶ役割をしています。
血液は心臓を通して動脈、毛細血管、静脈と循環しているのに対し、リンパ管は毛細リンパ管と呼ばれる末端部分から静脈へと運ぶ働きのみとなっています。
よく下半身がむくんだときにはリンパの流れを良くしましょうと言われますが、末端部分から心臓に向かって流し込み、脇の下や太ももの付け根などリンパ節がある箇所をほぐす方法が行われています。
リンパ節では細菌等が全身に運ばれるのを防ぎ、時にはリンパ節の炎症となって現れます。
感染から体を守る役割があり、リンパの流れは一方方向のみとなっています。
リンパ節によって細菌などを包み込んで破壊する成分が生成され、体の中の免疫機能の役割を持っています。
感染症だけでなく、全身の細胞で出来たがん細胞を取り込み、癌が広がるのを防ぐ働きもあります。

 

 スポンサードリンク

 

 循環器の病気

毛細血管の構造と働き
リンパ管の構造と働き
高血圧本態性高血圧症  二次性高血圧症)  低血圧症本態性低血圧症  症候性低血圧症  起立性低血圧症)  大動脈瘤胸部大動脈瘤  腹部大動脈瘤)  解離性大動脈瘤  大動脈炎症症候群  大動脈縮窄症  急性動脈閉塞症  バージャー病  レイノー病・レイノー症候群レイノー病  レイノー症候群)  血栓性静脈炎  静脈瘤  急性リンパ節炎  慢性リンパ節炎


心臓・心筋
心臓の構造/血液循環と心臓の働き/心臓の拍動のリズム
冠状動脈の働き  狭心症  心筋梗塞  不整脈頻脈型  徐脈型)  アダムス・ストークス症候群  心不全  肺性心  心臓神経症  リウマチ熱  急性心膜炎  慢性収縮性心膜炎  感染性心膜炎  心筋炎  突発性心筋症  先天性心疾患  心房中隔欠損症  心室中隔欠損症  動脈管開存症  大動脈弁狭窄症  ファロー四徴症  大血管転位症  心臓弁膜症  僧帽弁膜症僧帽弁狭窄症  僧帽弁閉鎖不全症  僧帽弁逸脱症候群)  大動脈弁膜症  三尖弁膜症三尖弁閉鎖不全症  エプスタイン病)  肺動脈疾患肺動脈狭窄症  肺動脈閉鎖症)  肺動脈弁膜症肺動脈弁狭窄症  肺動脈弁閉鎖不全症)  心肥大  ぽっくり病 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク