HOME > 循環器の病気 > 僧帽弁膜症 > 僧帽弁狭窄症
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 僧帽弁狭窄症

帽帽弁狭窄症は左心房と左心室との間にある僧帽弁がリウマチ熱などで炎症を起こし、弁が開かなくなってしまう病気です。
血流が悪くなって肺へのうっ血が起こります。
弁の開きが悪く狭窄部が進行すると、動作を起こした時に息切れや呼吸困難を感じるようになります。
肺への負担が増えて、肺高血圧症になってしまうと、心不全を起こしてしまいます。
咳や軽い呼吸困難が起きているときでは、特に治療の必要は無く、日常生活において注意するのみです。
しかし、心不全を起こしたり、強い呼吸困難を起こしていれば入院が必要になってきます。
弁の狭窄部が進行してしまうと、安静時にも強い呼吸困難を感じる事もあります。
喘息のように息苦しくなって、ぜんめいが起こり、心臓喘息が発生してしまいます。
エコー検査や心電図、レントゲン撮影などを行い診断します。
心不全を起こしている時には、薬物による治療が行われ、バルーンによる裂開術を行います。
心房細動を起こしてしまうと、塞栓症を起こすのでワルファリンを利用します。
手術を行うと狭窄部が解消され、血流が改善されて症状が安定していきます。
狭窄部を広げるカテーテルによって治療が行われない場合は、弁を人口弁に置き換える手術も行われます。
高齢者の場合では、年齢的な体力の問題なども考慮の上手術方法が決められます。
現在ではリウマチ熱の原因となる連鎖球菌への有効な薬剤が開発されており、リウマチ熱の患者数も減少傾向で僧帽弁狭窄症になるケースも少なくなっています。

 

 スポンサードリンク

 

 循環器の病気

毛細血管の構造と働き
リンパ管の構造と働き
高血圧本態性高血圧症  二次性高血圧症)  低血圧症本態性低血圧症  症候性低血圧症  起立性低血圧症)  大動脈瘤胸部大動脈瘤  腹部大動脈瘤)  解離性大動脈瘤  大動脈炎症症候群  大動脈縮窄症  急性動脈閉塞症  バージャー病  レイノー病・レイノー症候群レイノー病  レイノー症候群)  血栓性静脈炎  静脈瘤  急性リンパ節炎  慢性リンパ節炎


心臓・心筋
心臓の構造/血液循環と心臓の働き/心臓の拍動のリズム
冠状動脈の働き  狭心症  心筋梗塞  不整脈頻脈型  徐脈型)  アダムス・ストークス症候群  心不全  肺性心  心臓神経症  リウマチ熱  急性心膜炎  慢性収縮性心膜炎  感染性心膜炎  心筋炎  突発性心筋症  先天性心疾患  心房中隔欠損症  心室中隔欠損症  動脈管開存症  大動脈弁狭窄症  ファロー四徴症  大血管転位症  心臓弁膜症  僧帽弁膜症僧帽弁狭窄症  僧帽弁閉鎖不全症  僧帽弁逸脱症候群)  大動脈弁膜症  三尖弁膜症三尖弁閉鎖不全症  エプスタイン病)  肺動脈疾患肺動脈狭窄症  肺動脈閉鎖症)  肺動脈弁膜症肺動脈弁狭窄症  肺動脈弁閉鎖不全症)  心肥大  ぽっくり病 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク