HOME > 消化器の病気 > 胆嚢摘出後症候群
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 胆嚢摘出後症候群

胆嚢摘出後症候群は胆石症による胆嚢摘出手術後に起こる合併症です。
胆石が残っていた場合や、また胆石ができてしまう、胆管が狭窄するなどの問題があります。
痛みや発熱、黄疸、嘔吐、腹部膨満、下痢、便秘などの症状が現れます。
手術前のように胆石の発作に似た症状が続く場合もあります。
幾つかの病気の原因があるために症候群と呼んでいますが、原因が特定されれば病名が付けられます。
手術により直接的な原因が残り、胆管を傷つけてしまった場合なども症状が現れます。
中には詳しい検査を行っても、原因となる病気が見つからず、腹部の症状が続く事もあります。
血液検査、超音波検査、CTなどを利用し原因となっている病気を特定します。
原因が分かっている時には、それに対した治療が行われます。
胆石が残っている場合は取り除く治療が行われ、薬物療法や手術、食事療法が行われる事もあります。
また、原因が分からない時には、症状を軽くする薬物療法が利用されます。
手術を受けたあとに、あきらかに症状が見られる場合には適切な治療を受けるようにします。
場合によっては不快感が長期にわたって残る場合もあります。
薬物療法には精神安定剤などの薬物療法を利用する事もあります。

 

 スポンサードリンク

 

 消化器の病気

食道
食道の構造と働き
食道炎  食道アカラシア  食道潰瘍  食道狭窄  マロリー・ワイス症候群  食道神経症  食道裂孔ヘルニア  食道静脈瘤  食道の良性腫瘍
胃・十二指腸
胃の構造と働き/十二指腸の構造と働き
急性胃炎外因性急性胃炎  内因性急性胃炎)  慢性胃炎表層性胃炎  萎縮性胃炎  肥厚性胃炎)  消化性潰瘍胃潰瘍  十二指腸潰瘍)  消化性潰瘍の危険な合併症  胃けいれん  胃下垂  胃アトニー  胃酸過多症  低酸症・無酸症  胃神経症  空気嚥下症  胃憩室  胃切除後症候群ダンピング症候群  吻合部潰瘍  輸入脚症候群)  胃の炎症性ポリープ  胃粘膜下腫瘍  タンパク露出性胃腸症

小腸・大腸・肛門
小腸の構造/小腸の働き/大腸の構造/大腸の働き
過敏性腸症候群  慢性便秘  下痢症急性下痢  慢性下痢)  乳糖不耐症  急性腸炎  慢性腸炎  クローン病  潰瘍性大腸炎  腸結核  腸間膜動脈閉塞症  薬剤性大腸炎急性出血性大腸炎  偽膜性大腸炎)  虚血性大腸炎  偽膜性腸炎  放射腺腸炎  伝染性下痢症  吸収不良症候群  中垂炎(盲腸炎)  タンパク露出性胃腸症  大腸憩室  メッケル憩室炎  腸管癒着症  腸閉塞(イレウス)  腸重積症  鼠径ヘルニア(脱腸)  腹壁瘢痕ヘルニア  巨大結腸症先天性巨大結腸症(ヒルシュスプルング症)  後天性巨大結腸症)  カルチノイド症候群  大腸ポリープ  家族性ポリポーシス  腹膜炎急性腹膜炎  慢性腹膜炎)  胆汁性腹膜炎  ダグラス窩膿瘍  直腸炎  直腸脱  直腸ポリープ  肛門ポリープ  肛門掻痒症  肛門周囲膿瘍  痔瘻(あな痔)  裂肛(切れ痔)  内痔核  外痔核

肝臓
肝臓の構造/肝臓の働き
肝臓の病気  急性ウイルス肝炎A型急性肝炎  B型急性肝炎  C型急性肝炎)  慢性ウイルス肝炎B型慢性肝炎)  肝硬変  肝不全  アルコール性肝障害脂肪肝  アルコール性肝炎  アルコール性肝硬変)  劇症肝炎  薬物性肝障害(薬剤性肝障害)  原発性胆汁性肝硬変  肝膿瘍  黄疸  うっ血肝  門脈圧亢進症  ワイル病  ヘモクロマトーシス  アミロイド肝

胆道・胆嚢・膵臓

胆道の構造と働き/胆嚢の構造と働き/膵臓の構造と働き
胆道・胆嚢・膵臓の病気
胆石症  胆道感染症急性胆嚢炎  慢性胆嚢炎  急性胆管炎)  胆嚢摘出後症候群  胆道ジスキネジー  総胆管拡張症  急性膵炎  慢性膵炎  膵嚢胞 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク