HOME > 目の病気 > 睫毛内反(さかさまつげ)
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 睫毛内反(さかさまつげ)

睫毛内反(さかさまつげ)は、まつげは通常外側をむいていますが、この場合では眼球の方をむいている状態です。
生まれつきこのような状態を持っており、まつげにより角膜を傷つける可能性があります。
また、本人も角膜や結膜にまつげが触れるため、痛みを感じます。
痛みや違和感の為に、目をこすったり、まばたきをする回数が多い、目やにが出やすいという特徴があります。
まぶたが内側に入り込んでいる場合や、まつげの生え方が内側に向いている場合などがあります。
症状が軽ければ成長段階で自然に治りますが、角膜を傷つける恐れがある場合は手術を行います。
他にも加齢によってまぶたが垂れ下がって、さかさまつげになってしまう事もあります。
眼科でまつ毛のはえている状況やまぶたの状態を良く把握し、角膜を傷つける可能性があるか良く診察を行います。
先天性の場合でも1歳くらいで自然に治る場合があるので、さかさまつげがあってもしばらくは様子を見るようにします。
それでも症状が改善できなければ手術も考慮に入れます。
また、一部のまつげがさかさまつげになっている場合では、電気分解によってまつげを抜く方法が利用される事もあります。
さかさまつげになっている部分を自分で抜いてしまえば、一時的には症状が落ち着きますがまた再発するため、角膜を傷つける問題があるなら手術を行って完治させた方が良いでしょう。
手術は二重まぶたを作る要領で行われたり、問題がある部分を切開して縫い合わせる方法がとられます。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク