HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 オウム病

オウム病はオウム、インコ、カナリア、鳩などがクラミジアに感染し、糞に混じった病原菌を人が吸い込むことで感染します。
呼吸器疾患の一つで、肺炎を起こしやすくなっています。
クラミジアはウイルスとリケッチアの中間に位置し、鳥類のペットの飼育数の増加に伴い、この病気も増えています。
主にペットとして飼育している鳥からの感染が多くなっていますが、野鳥からの感染も起こる場合があります。
潜伏期間は1〜1週間程度で、高熱、咳、頭痛、筋肉痛、倦怠感などの症状が現れます。
また、腹痛、嘔吐、下痢など消化器官の症状が現れたり、中枢神経、循環器、皮膚などに症状が出る場合もあります。
小児や高齢者が感染すると重症化することがあり、呼吸困難を起こして死亡してしまう場合もあります。
鳥を飼っている場合、家族全員が感染してしまう場合もあり注意が必要です。
感染している鳥との過剰なスキンシップ、糞がチリに混じって吸い込むなどの感染経路があります。
特にペットとして飼っている、オウムやセキセイインコが多くなっています。
鳥との接触があり、肺炎やインフルエンザのような症状が現れた場合には、オウム病を疑う事も必要になってきます。
治療はテトラサイクリン、マクロライドなどの抗生物質を利用します。
予防としては、オウム病の知識を正しく持ち、鳥が弱っている時には特に注意する必要があります。
獣医の診察を受け予防薬を飲ませたり、適切な治療を行う事で人への感染を防ぐ事ができます。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク