HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 智歯周囲炎

智歯周囲炎は、親知らずのことを知歯と呼び、その周辺の歯肉が炎症を起こしたものです。
歯ブラシの届きにくい場所にあるため、磨き残しをする場合があり、食べかすなどが元で炎症を起こします。
知歯は全ての歯が生え揃った後に生え、成人になってから生えてくる人もいます。
生え揃った後の一番奥にできてしまうため、きれいに生えるスペースが不足し、斜めに生えたり一部だけが外に出てしまう場合があります。
このように智歯は、非常に歯を磨きにくく、歯垢が溜まりやすくなっています。
また、むし歯にもなりやすいため、問題があれば抜歯してしまった方が良いでしょう。
症状は、知歯のまわりの歯肉が赤く腫れ、ズキズキした痛みがあります。
高熱を出し、顎全体が痛んで、口をあけられない事もあります。
炎症は抗生物質、消炎剤、鎮痛剤などを投与し、口腔内を清潔にしていれば収まります。
しかし、歯ブラシが十分に行えない状況があれば、再発を繰り返してしまいます。
一部しか生えていない場合では、歯冠をおおっている歯肉や粘膜を切除する場合もあります。
検査では歯ぐきの状態やレントゲンで歯の生え方をチェックします。
膿があれば切開して膿を排出させます。
知歯の周囲の痛みがあるようなら、早めに歯科に行くようにし、口が開かない場合では大きな病院で治療を受ける必要があります。
重症化してしまったものでは、顎骨炎を引き起こすことがあります。
知歯の生え方に問題がある場合、重大な神経に触れている可能性がある場合では、大学病院など大きな病院で抜歯を行う事になります。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク