HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 不正咬合

不正咬合は、歯の噛み合わせが悪いものです。
原因は遺伝の問題、顎の骨の発育問題、指しゃぶり、幼児期の咀嚼の問題などがあります。
上の歯が基準よりも出ている上顎前突です。
下あごが出てしまっている下顎前突は、上下の噛み合わせが逆になるため、正しい咀嚼ができません。
歯の大きさが不ぞろいな為に歯をかみ合わせる事ができない開咬は、上下の歯の間に隙間ができてしまい、ものを噛み切る事がしにくくなっています。
叢生は、歯の生える位置に問題があるもので、八重歯も叢生の一種です。
過蓋咬合は、上の前歯が下の歯を覆うもので、症状が悪ければ完全に下の歯を覆って下の歯が見えないものもあります。
正中離開は、歯肉の間に余分な歯が詰まっているなど、全ての歯が完全に生え揃わないもので、先天的な要素が考えられます。
子どもの頃から歯並びに異常がある場合では、歯科の診察を受けるようにして、早めに矯正を行って行きます。
専用の器具を利用して徐々に修正を行っていきますが、顎の成長に合わせて8〜15歳くらいまでに行っておくようにします。
成人になってからでは顎の成長が完成されており、治療に長期間必要となってきます。
不正咬合は、発音障害、噛み合わせが悪い為に十分咀嚼ができず、胃腸に負担をかけるなどの問題があります。
また、歯並びが悪い為に、歯垢が溜まりやすく、歯周病などの原因にもなります。
顎の小さい子供では、歯が全て生え揃わない可能性がありますから、小児の頃から顎の成長を正しく行うように矯正器具を付けて治療を行っていきます。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク