HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 顎関節症

顎関節症は、噛み合せが悪い、必要以上に顎を強く噛んでしまう場合におこり、顎を大きくあけた時に雑音がするようになります。
ものを噛んだり、口を大きくあけると、顎の関節部分に痛みが出たり、雑音がおこります。
原因は歯の噛み合わせが悪い場合、精神的なストレスなどによって歯を強く噛み締めてしまうものです。
特に若い女性に多く見られます。
悪化した場合では、口が開かなくなってしまう場合もあり、顎関節部の異常だけでなく、頭痛、吐気、めまいをともなう事もあります。
治療は、顎に負担のかかる硬い食べ物を避け、噛み合わせが悪ければ歯科で治療を行い、温熱療法や電気刺激両方など理学療法が行われます。
炎症が起こっている場合では、抗炎症剤を利用する事もあります。
また、初期の頃では口をあけるストレッチを行う事で動作がスムーズに行くようになります。
重症化してしまったものでは、手術を行う事も考慮します。
他にも外傷によって首や背骨などに歪みがあると、顎関節症を起こす場合があります。
対症療法として顎の治療を行ってみても改善しない場合では、体の歪みを調べてもらいましょう。
精神的なストレスによって歯を強く噛みしめてしまうようであれば、カウセリングを行ったり、歯を強く噛まないようにマウスピースで改善する方法もあります。
顎関節症の原因も色々なものがあるため、顎を開けたときに雑音がある、口をあけにくいなどの症状があれば、医師の診察を受けるようにしましょう。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク