HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 歯肉炎

歯肉炎は、歯と歯肉の境目にある歯肉溝に歯垢や歯石がたまり、細菌が歯肉に入り込んで炎症を起こします。
健康な歯は薄いピンク色をしていますが、歯肉炎になると歯肉が赤く腫れ、触ると痛みが出ます。
歯そのものには特に異常はありません。
歯磨きなどの刺激、硬いものを噛むなどの場合に出血を起こします。
また、口臭を伴う事もあります。
長期間放置して症状が進行すれば、歯槽膿漏(歯肉炎)に進行してしまいます。
原因となる歯垢や歯石を取り除く事が一番有効です。
毎日の歯磨きによる正しいブラッシングが必要で、歯石があれば歯科で除去してもらいます。
歯石や歯垢を除去した後は、口腔内を清潔に保ち、患部に口腔用軟膏を塗ります。
重症化してしまったものでは、歯を支える歯槽骨が破壊され、歯がグラグラして最終的には抜かなければなりません。
歯肉炎は早期に治療を行っておけば、一時的な症状で済み、その後歯が抜け落ちたり抜く必要はありません。
初期の頃には痛みが無い為に放置しがちですが、歯肉の赤みや腫れがあればきちんと治療を行っておく事です。
歯科で正しいブラッシング方法を指導してもらい、歯の歯肉の間にある部分を歯間ブラシで汚れを落とす方法も有効です。
歯石は丁寧に歯を磨いていても多少は付着してしまうので、年に1回など定期的に除去してもらうようにします。
また、妊娠中ではホルモンバランスの変化によって、歯肉炎を発生させる可能性があります。
妊娠の可能性がある場合では、事前ににむし歯の治療や歯石の除去を行っておくと良いでしょう。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク