HOME > 口腔・歯・あごの病気 > 歯槽膿漏(歯周炎)
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 歯槽膿漏(歯周炎)

歯槽膿漏(歯周炎)は、歯肉炎が重症化してしまったものです。
歯肉溝にできた歯垢や歯石により、細菌が歯肉に入り込んでおこります。
歯肉炎の際に適切な治療、毎日の正しい歯磨きを行っていれば重症化することはありませんが、放置してしまえば歯槽膿漏に移行してしまいます。
歯肉炎を放置すると、歯肉溝に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができ、歯周組織や歯槽骨が破壊され、歯がグラグラしてきます。
支えを失った歯は、最終的には自然と抜け落ちてしまいます。
歯と歯の間に食べかすが挟まりやすくなって、痛みをともないます。
症状が進行すると歯が伸びたようになって、歯を磨いたりする刺激で出血して、膿が出てきたりもします。
口臭も酷くなってきます。
一度破壊されてしまった歯槽骨は、二度と元に戻す事ができませんから、それ以上進行しないように治療を行っていきます。
正しい歯磨きを行って歯垢を除去し、歯科によって歯石を定期的に除去してもらいます。
症状が重くなると、悪化した歯肉の一部を切除したり、グラグラした歯が抜け落ちないようにワイヤーで固定します。
しかし、抜け落ちるのを止められない場合では、抜歯するしかありません。
歯が一度抜けてしまえば二度とはえてくる事は無く、若い人で歯槽膿漏がひどくなって総入歯になるケースもあります。
これは食生活の変化などが原因となっていると言われ、若い年齢でも軽視せず、正しい歯磨きと、規則正しい生活を送るようにしましょう。
歯槽膿漏になってしまたら、予防を行うしか方法がありません。

 

 スポンサードリンク

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク