HOME > 皮膚の病気 > 汗疹(あせも)
HOMEアレルギー・膠原病・免疫の病気こころの病気ホルモン・代謝の病気感染症・寄生虫病の病気癌血液の病気呼吸器の病気口腔・歯・あごの病気骨・関節・筋肉の病気子供・赤ちゃんの病気耳の病気循環器の病気女性の病気消化器の病気食中毒腎臓・尿路の病気男性生殖器の病気脳・脊髄・神経の病気皮膚の病気鼻・のどの病気目の病気
 

▼免責事項
当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。 また、著作権は放棄しておりません。

 

 汗疹(あせも)

汗疹(あせも)は汗をかいた事によって起こる湿疹です。
汗の管の出口が詰まり、表皮や真皮の中に汗が溜まって小さな水疱ができます。
皮膚の浅いところにできれば、水晶性汗疹と呼び、深いところでは紅色汗疹と呼んでいます。
夏期に汗を大量にかいたときに現れ、乳幼児に多く発生します。
子どもは大人より汗をかきやすいためあせもを起こしやすくなっています。
また、大人の場合でも暑い場所で長時間作業をしているような人に見られることがあります。
浅いところにできる場合では、水疱ができるだけですが、深いところにできた場合はつぶつぶとかゆみがともないます。
細菌感染を起こすことがあり、膿皮症を合併する事があります。
高温を避けて大量にかいた汗を乾燥させます。
また、汗が詰まっているときには、患部を清潔にします。
通常はこのように環境を整える事で自然に治っておきますが、治りにくい時には医師の診察を必要とします。
汗を良く吸収し発散するように、木綿の肌着などを着用するようにします。
入浴により肌を清潔に保つ事は予防策となりますが、あまり過度に行いすぎると皮膚に刺激が起こり、湿疹を酷くしてしまう可能性があります。
炎症が強くなってしまった場合では、副腎皮質ステロイド軟こうを使う場合もあります。
その際には、医師の指示に従って使用し、副作用が無いように薄く塗る程度に留めます。
時には汗の出る管が過度に詰まって、体内の熱を発散する事ができなくなり、熱中症になってしまうことがあり注意が必要です。

 

 スポンサードリンク

 

 皮膚の病気

皮膚の構造と働き
湿疹・皮膚炎  接触性皮膚炎(かぶれ)  貨幣状湿疹  自家感作性皮膚炎  蕁麻疹  アトピー性皮膚炎  化粧品皮膚炎  主婦湿疹  皮膚?痒症  結節性紅斑  扁平苔癬  毛孔性苔癬  ビダール苔癬  多形疹出性紅斑  紅皮症  日焼け  掌蹠膿疱症  脂漏性皮膚炎  酒さ様皮膚炎・口周皮膚炎  天疱瘡・類天疱瘡  魚麟癬  乾癬  紫斑  しみ(肝斑)  母斑(あざ)色素性母斑(黒あざ/ほくろ)  扁平母斑(茶色いあざ)  太田母斑(青あざ)  蒙古斑(青あざ)  青色母斑)  血管腫(赤いあざ)いちご状血管腫  赤ブドウ酒様血管腫(単純性血管腫)  サーモンパッチ/ウンナ母斑  海綿状血管腫)  白皮症  表皮母斑  脂腺母斑  尋常性白斑(しろなまず)  リール黒皮症  脂肪腫  ガングリオン(結節腫)  老人性疣贅(老人性のいぼ)  汗疹(あせも)  とびひ  せつ・よう  丹毒  にきび  スイート病  たこ・うおのめ  海水浴皮膚炎  虫さされ  疥癬  毛ジラミ症  皮膚結核  頭部白癬(しらくも)  体部白癬(ぜにたむし)  股部白癬(いんきんたむし)  足白癬(みずむし)  皮膚カンジダ症  単純性疱疹(ヘルペス)  帯状疱疹  カポジ水痘様発疹症  尋常性疣贅  青年性扁平疣贅  伝染性紅斑(りんご病)  中毒疹・薬疹  やけど(火傷・熱傷)  ケロイド  放射線皮膚炎  電撃傷  凍傷(しもやけ)  床ずれ(褥瘡)

髪・体毛・爪・汗腺
体毛のしくみと働き/脂腺のしくみと働き/汗腺のしくみと働き/爪のしくみと働き
髪・体毛・爪・汗腺の病気  円形脱毛症  粃糖性脱毛症  新生児・乳児の脱毛症  壮年性脱毛症(男性型脱毛症)  先天性無毛症  瘢痕性脱毛症  薬物による脱毛症  抜毛症  多毛症  毛包炎  フケ症  爪の色の変化  爪囲炎  匙形爪甲  爪甲剥離症  嵌入爪  時計ガラス爪  わきが(腋臭症)  多汗症  無汗症 

 

 病名を検索する

病名・症状・薬名・クリニック・病院などを検索する

 

スポンサードリンク